めまいの場合

こんにちは。

今回は、めまいのお話をしていこうと思います。
めまいにはたくさんの種類が実はあり、鍼灸適応なものと、適応でないものがあります。
分かりやすいものとして、
眼振が起きているか?があります。
※眼振とは、外から見てその方の黒目が震えている状態です。
眼振が起きるときは脳の異常が考えられますので、速やかに脳神経外科等へ行きましょう。
鍼灸してる場合じゃありませんorz
それ以外のものであれば、概ね鍼灸は適応です。
病院で異常がないと言われて、筋肉をゆるめる薬を貰ったよという方は鍼灸得意分野です。
当院の症例
 二週間ほど、ふわふわするめまいが止まらない。昨日の夜にグルグル回るめまいになった。気持ち悪くて嘔吐もしたが、今朝病院にいっても特に問題はないと言われた。酔い止めと筋肉を緩める薬をもらって様子見と言われている。
肩こりは慢性的にあり、仕事はネイリストをしている。
美容系の仕事って、実はとーっても肩に負担がかかります。事務仕事の方よりかかってると感じてます(当社比)
細かい物を見て目も疲れ、ずっと固定された姿勢で下を向く為肩こりとはお友達の方が多いです。
そして、慢性的な肩こりから首を支えられずに、めまいを起こす事に、、、
めまいを起こす筋肉は複合的に色々あれど、メインは胸鎖乳突筋という筋肉です。

この筋肉の左右差が強くなると、首をまっすぐ保つ事が難しくなります。その為、安定が悪くなりめまいとして感じるようになります。

その為、治療をする部位はこの筋肉と、それに繋がる筋肉がメインになります。

肩井、天柱、風池、人迎、
ドライニードル及び、筋緊張が強く初めての患者さんに関しては置鍼。
その他、全身調整を行います。
百会、大衝、三陰交、照海など
その方に合わせて行います。
この方は慢性的な肩こりもありましたが、めまいが一回で止まると思っていなかったとの事で大変喜ばれました。
私も首由来のめまい(頚性めまいと言います)の経験がありますので、起き上がれない辛さ、分かります。
鍼を怖いという方も見えますが、ちょっとズーンと独特の響きがあるぐらいなのでぜひお困りの際はお近くの鍼灸院へお問い合わせくださいね。