当院のコンセプト

やりたい事、やらなければいけない事が出来ない

その心身のもどかしさを取り除くお手伝いを致します。

当院のスタッフは、鍼灸によって心身の健康を取り戻した経験がある女性構成されています。

どこに行っても治らないその心身の症状、一度私達に診せてください。

院長ご挨拶

初めまして、まな鍼灸堂院長 米倉まな です。

私は以前、原因不明と言われた症状に悩んでおりました。

発症は元をたどれば子供のころからあったのかもしれません。朝だるくて起きる事が出来ず、毎日起こられている子供でした。中学二年生では不登校をし、高校受験だった中学三年生の時には受験のために夏期講習に行っている際、突然訪れた腹部の痛みに苦しみました。病院に行っても特に問題がなく、整腸剤を出していただき、症状は高校に入学するまで続きました。

その後、高校を卒業し就職した先で半年後に左半身が痺れ、起き上がれなくなり救急搬送。倦怠感、抑うつ、食欲不振、不眠があったことを覚えています。一週間の検査入院の後、原因は”不明”。自宅療養を言い渡されました。

不安を抱えながらも仕事を続けるも、光の刺激が辛くなったり、息苦しくなったりとだんだん一人暮らしが辛くなり、退職。

その後仕事を転々とし、いつの間にか病名はうつ病、パニック障害、自律神経失調症となっていました。当時は原因不明と言われる事がなにより不安でした。また薬物療法では改善もなく、それでもドクターには『あなたは一生薬を飲み続けなくてはいけないよ』と言われ諦めかけたころ、地元四日市の鍼灸師の先生に出会い断薬をすることができました。

薬物療法を開始してから、10年近くの時が経っていました。

自律神経が整い不安が取り除かれた事で前向きになった時に、私の人生も転換。何故私は楽になれたのか?を知りたくなったことと、お世話になった鍼灸で同じような症状を持ったた方の力になりたい、と考え鍼灸師になる事を決意いたしました。


専門学校に入り医療を学んだ所、自分が苦しんだ原因不明と言われた症状の中には自律神経由来のものも多くあるという事を理解いたしました。


現在の医療はEBM、エビデンス(根拠)に基づく医療といわれていますが、レントゲンや血液検査で異常がなくとも体調は優れない事も多くあります。

そういう際にはNBM、物語に基づく医療にて補完されます。 〇年前に事故にあったこと、生活習慣、学生の頃に行っていたスポーツ…あなたの不調のルーツかもしれません。そういった情報をお伺いしながら、あなたの不調を紐解いていきます。

当院では根拠はもちろんの事、その方の生活習慣(物語)をお伺いしながら、セルフケアを目指し、日常生活をより良く送るお手伝いをさせていただきます。

アメリカでは常識になっている統合医療を取り入れ、検査が必要な場合には病院への検査をお願いしております。